スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたご無沙汰しています

前の記事から半年ほど経ってしまいました。
ほぼほぼ元気に暮らしています。

昨年からまともに働き始め、一度はやむを得ぬ事情で退職しましたが、ほぼ継続する形で1年以上は社会に出て仕事をしています。
そして今の職場では派遣という(私にとっては)何かとストレスのたまる職場ではあるものの、一年以上継続して勤めています。すごく小さな、些細なことではありますが、同じところでひどいうつ状態に陥ることなく働くことができているのは、ここ10年ほどでは久しぶりの快挙?です。

今年はオーケストラ活動を再開し、資格試験の方も2つ受験しました(結果は惨敗でしたが)。
やっと人並みの生活ができるようになっています。
しかしながら、私はうつ病というより双極性障害なので、まだまだ服薬は続けなければいけません。
何かで読みましたが、こういう精神障害で薬を飲み続けることも受け入れるしかないみたいです。
確かに「なんで私だけ・・・」とも思いますが、それを言い出したら前向きには生きられないような気がします。
だから私はこういう運命だったのだと割り切って、服用を続けながら、気分の波にのまれないようにやっていくしかないのです。

うつ病発症から10年。
やっと明るい兆しが見えてきたみたいです。
来年はもっと明るい年にしたいです。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

久しぶりに撃沈。

今週半ばから気分の急降下が起こっています。
ここのところ今までのうつ病とはちょっと違う、心身症に悩まされるようになって、仕事が手に就かなくなり始めています。
こんなにいろんな病気を抱えながら、普通の仕事ができるんだろうか・・・と。
というより、ずっと家に引きこもっていたいというのが正直なところかもしれない。
やっぱ私って生きることが苦しいって体のどこかで感じているような気がしてる。疲れた・・・

取り急ぎ。

最近はあんまりここを訪れる方もいないので、お伝えする程の事でもないのですが・・・
つい先週に大好きだった祖母が急逝し、ちょっと精神的に不安定です。
あと、やっぱり職場も3か月経ってくるといろいろと見えてきて、それもまたちょっとストレスを感じ始めるようになりました。
また、後日改めてブログアップします。
まずは毎日きちんと働かねば。。

いいのかなぁ?

先週、今のお仕事での初お給料を戴きました。
前職とは違い、時給制だし交通費は出ないし、手元に残るお金というのは少ないです。でも心身のバランスは悪くないので、いいのかなと思います。
やはり派遣となると就業日数でずいぶん収入は変わってしまうのですが、それ以上に精神が病むようなことがないのは一番大きな部分だと思います。
幸い、今のところは人間関係は悪くはなく。それが逆に「こんなに平穏な毎日が送れていいのだろうか?」という不安を感じています。よほど今までが腐った?職場だったからなのか??

先日、派遣元の営業の方が就業先に訪問してくれたのですがおそらく次回の雇用契約も更新してくれるよう。今回の派遣期間は3月末までですが、これからは4月から半年ごとの更新になるとのことです。でも昨今の派遣法改正の動きを見ていると先行きどうなるんだか??不安ではありますが、今は今で日々働くことだけを考えていきたいと考えています。

体調もそんなに悪くないし、この週末は事情により土日とも100%家事をやっていましたが、横になることもなくこなすことができました。この調子が続くといいなぁ・・・

あまり楽観視はできないのですが、うつ病が寛解を迎えることができた日、このブログもエンディングを迎えられるのかなと少し期待してはいますがまだまだ先ですね(苦笑)


人気ブログランキングへ

ゆるゆるな感じで。

新年がスタートし、やっと1月も半ばを過ぎました。
仕事の方はスローペースでありますが、なんとか頑張っています。
今までやたら残業の多い仕事や、やたら責任を押し付けられるような職場だったりしたので、今の職場はいい意味で気楽な感じでやっています。

年末年始もそんなにひどくウツ傾向にもならずに過ごせたこともあり、今日の心療内科での診察でやっとジェイゾロフトの減薬がスタートしました。50ミリを飲んでいたので、まずは25ミリへ。これでなんともなければ1ヶ月後ぐらいにはジェイさんとサヨナラできそうです。
そうすればあとは、ラミクタールのみ。ひどい躁鬱ではないけど、気持ちの振れ幅などを小さくするためにこの薬はもうしばらくは続けるようです。

この調子で体調もよくなってきて、メンタル系のお薬全般と決別できる日がきたら・・・うれしいんだけどな。



人気ブログランキングへ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も拙いブログではありますが、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

昨年は私の病気よりももっと大変な事態に見舞われました。
まさかの両親ダブル入院。
これは自分にとって最大の出来事でした。ちなみに両親ともまだ60台後半なのですが、こんなに早くガタがくるとは予想もしませんでした。とにかく、昨年の後半は無我夢中のような日々でした。
おかげさまで何とか年を越すことができ、両親とも徐々に体力を取り戻しつつあります。
(まだ母の方がバッテリー切れの時もありますが・・・)

私の方は昨年10月末に厄介だった職場を退職。せっかく正社員で就職したのに、なんとも残念な結末でした。
しかしながら12月には派遣社員ではありますが、次の職場に就けることができました。

12月から勤めている職場は自宅から1時間ほどかかる所ではありますが、私の家庭の事情を考慮して頂いて、出社時間を遅らせてもらっています。
職場の人間関係は今のところは良好で、女性社員の方々もあまり若い方がいなくて30代後半から40オーバーの方が多く、また派遣社員の方も比較的落ち着いた年代層で、私としては前職でジェネレーションギャップがハンパなかったこともあって、そういう面での苦労は少ないです。
多分年明けからは仕事も本格的に忙しくなるだろうし、任される業務も増えてくるとは思いますが、焦らずゆっくりやっていこうと思います。

正直なところ、派遣社員で働くということに今まではすごく抵抗がありましたが、今は働けるところまで働けばいいし、もしどうにもダメだったらその時に次のことを考えればいいかな・・・と思っています。そういう考え方ができるようになったのは自分でもよくわからないのですが、柔軟なモノの考え方ができるようになってきたと思います。

余談ではあるのですが、今の職場でうつ病を患って何度も休職・復職を繰り返している正社員の方がいます。もう7年ほど休職と復職を繰り返しているので、もうタイムリミットが迫っているらしく、今は正社員としての身分はあるものの無給だそうです。見ているととても辛そうな感じがして、昔の自分を見ているような気がしています。
厳密には私とは違う部署の方なので接点はないのですが、他の同僚の方を見ていて、接し方に困っている様子が見受けられます。やはり世間でこれだけメンタルヘルスについて言われていても、現実にはまだまだ理解が乏しいな、と感じています。

今年は減薬ができたら・・・と思います。そして極力メンタル面で仕事に支障をきたさないようになれば、とも思います。寛解までにはまだ時間がかかりそうですが、少しでも前に進めたらと思います。



人気ブログランキングへ

この一ヶ月を振り返る。

やっと、母が先週末に退院しました。

母が入院してからの生活は毎日がドタバタでした。
なんせ晩夏に心臓の手術をして何かと体の不調を訴える父との二人暮らし。
しかも父は昔気質の人間なんで、家のことは全くやらない人。
私の母は専業主婦だったので常に至れり尽くせりのような状態で、家の中もいつも綺麗にしているし、ご飯だってちゃんとしたものを作っていました。

私も数年前は主婦だった時代もあったけど、家事の中で料理は最も苦手だったので、今回の生活で何が一番大変だったかというと料理を作ることでした。元から掃除や洗濯はやっていたし、そんなに苦に感じることはなかったんですが、料理に関しては常にメニューのことばかり考えて生活していました。

料理に関しては毎日実験的なもので、クックパッドを駆使しましたがなんだか怪しいものが毎食できあがっていました(苦笑)
これでも最後の方はそれなりなものができるようにはなってきました。

こんな調子なので、とてもじゃないけど前職の仕事を継続していたら絶対ぶっ倒れていただろうし、うつ病の確実にぶり返していたと思われます。
だからあの会社は辞めて大正解!だったと思います。
まぁ元々私の介護生活に全く理解を示さない人達だったし・・・

そんなこともあって11月は本当に怒涛の日々でしたが、母も退院し、まだ100%元気ではないのですが、私の時間そのものはずいぶん確保できるようになりました。
いつまでも無職というわけにもいかないので、今回は派遣での就職を考えて、転職活動をしていました。
もう40代手前だったので、派遣で働くにしてももう厳しいと覚悟していましたが案外あっさり決まってしまいました。

今度は12月から就労開始で、CADオペレーターのお仕事です。
しかも派遣元も派遣先も私の家庭の事情を考慮してくださって、12月は9~16時勤務を認めてもらえたので、家のことを全く蔑ろにしなくても済むし、私自身も新しい仕事をするのにスロースタートできるので、いい条件では・・と考えています。

ちなみに今日はいよいよ大台に乗るべき、誕生日です。
病気の方も一番ひどい時期は脱していると思われるし、とはいえまだ不調の時期もありますが、一週間もうつ期が続くようなことはありません。
これからは自分のために、楽しい人生が歩めることを期待しつつ、自分でも楽しい方向に向けるように気持ちを持っていこうと思います。



人気ブログランキングへ

明日から母が入院。

いよいよ明日から母が入院します。

仕事を辞めてからなんとなく腑抜け状態になり、気持ちがうつっぽくなっていました。
というのも、ずっと専業主婦で家のことがバッチリできていた母の代わりとなると、やはり荷が重く感じていたからです。
父は手術をしてから少しワガママになってしまい、そして未だ何かしら健康に対しての不安が否めないようで、体調も今一つです。
そういったこともあり、家事全般をやりつつ、母のお見舞いに行き、父を気遣う生活ができるかどうかがすごくすごく不安で、それがうつっぽい気分の理由だと思います。
普通の思考回路なら「なんとかなるさ」でいけると思うのですが、そこが私のマイナス思考が悪さをして、前向きな気持ちになれません。

一応、離れて暮らしている妹も自分の仕事量を減らしてなるべく実家に来てもらえることになったし、妹の旦那さんも単身赴任をしていたのですがそれを解消して妹の代わりに家のことをやってくれるようなので、そういった周りの助けを得て、頑張りたいと思います。

追伸:どうでもいいことですが。
辞めた会社で最後の日に花束やちょっとしたお菓子を戴いたりしたので、お礼返しに菓子折りを送ったのですが、届いただとか何の連絡もなく。他にも事務的な書類を送ってくるのも添え状がなくって書類だけが入っているのみ。なんていうのか、配慮に欠ける会社だなーと改めて思い知らされました。
それにさっきFacebookを見て「○○さん、最終日でしたw」みたいな言葉が掲載されてて、さらに気分を害してしまいました。どこまでもイヤな感じです。




人気ブログランキングへ

退職後に。

私が退職して、初めて母から告げられました。

母が今月末ぐらいから入院療養することになりました。
本格的な肝炎の治療に際し、薬の副作用が強いようなので、絶対安静が必要だそうです。

父は今日でちょうど手術から2か月が経ち、やっと元気を取り戻してきました。
しかし手術をしてから周りが気を使って生活していたからか、性格がワガママになってしまい、何かと手こずらせるようになってきました。そんな父としばらく(母の入院は1か月ぐらいらしい)二人っきりの生活をすることに
なりました。これから当面の間、本当に家事一切をやることになります。

今さらこんなことを言うのは、親不孝も甚だしいかもしれませんが。
私が両親の面倒を見なければならなくなるのは、思ったよりも時期が早すぎた気がしてなりません。少なくともあと10年は自分のために生活できると思っていました。まぁ離婚せずに家庭を持っていたら、どういった生活になっていたかはわかりません。しかし離婚をして、また設計職の正社員の仕事に就いて、まだまだ頑張れると思っていた矢先にこんなことになってしまい、正直なところショックです。
もともとうつ病持ちだから、そんなにキツイ仕事はできなかったかもしれないけど、それでもフルタイムで何かしら仕事をすることは可能でした。

しかし、40歳手前でフルタイムで働くことができなくなり、この先パート勤務では月にそんなにまとまった収入を得るのは難しいです。老後の備えてまだまだ稼ぐつもりでいたので、それも計画崩れです。

育ててもらった両親を見離すことは絶対にできないし、ただでさえ、たくさん迷惑をかけまくってきた娘だから、面倒を見る時がきたらその責務?を全うしないとと思っていました。
でも現実問題に突き当たって、自分が自分の病気ではなく、親の介護で働くことができなくなるのは、今の時点ではまだ受け止めることができません。

まずは、母が無事に入院療養を経て元気に退院してくるまでは、私が家を守らないと。



人気ブログランキングへ

もう少しだけ。

今週、社長に呼び出されました。
「当初採用したときに思っていたよりも、能力が足らなすぎる」
と言われました。
「またかよ・・・」
と正直思いました。
前職でも同じことを言われました。

再就職をするとき、こちらの言い分として
「御社での仕事内容に関して、経験はありますが、7年のブランクがあるのでそこは考慮して欲しい」
という話をさせていただきました。
7年のブランクは4か月経ったら、完全に復活できないとダメなんですかねぇ・・・

年下上司にボロッカスに言われて、社長にまでダメの烙印を押された。
それでいて、今の私の置かれている状況。
とてもじゃないけど、心が折れまくりです。

「そこまで言われて、今の私には(家庭の)事情もありますし、『頑張れ』と叱咤されてもそれに答えるだけの気力などがありません。だから退職させて欲しい」
と伝えました。

前からブログ記事にも書いている通り、時短勤務にして仕事量を減らすつもりが、結局は自宅で午前様になるまで仕事をしなければならない(夜の家事などが終わってからしか仕事ができないので)、納期が迫る仕事があるときは残業してまで会社で働かねばならない。これでは何も状況は変わっていないし、私の体力も限界です。設計の仕事というかせっかくCADで作図する力はあるので、アルバイトでCAD作図をさせてくれるところを探したいと思うようになっていました。

だからそういった現在の状況も合わせて話をしましたが、辞意は受け入れてもらえませんでした。

「全く仕事ができないわけではない、心が折れてしまっているのはすぐには復活できないと思うけど、すぐにあきらめないで欲しい。まずは一ヶ月もうちょっと頑張ってみないか」
と言われました。

どういう意図をもって言っているのか、正直わかりません。
確かに私に対して続けてほしいと言ってくださっているのはわかります。でもすでに『できない奴』と思われている状態でなぜ雇い続けるのかがわからないのです。心が折れるほど参っているのに、それを理解してくれているんのか?それよりもまた年下上司にパワハラ的な言動を取られながら仕事を続けなければいけないのか。

いろいろ悩みました。
でも社長の言うところの、もう一ヶ月だけは頑張ってみようと思います。
それでも自分自身に限界を感じたら、退職をもう一度告げようと思います。

・・・がめついようですが、やっぱり生活していくうえで、お金は必要ですから。年老いた両親と同居はしているものの、自分自身の老後のたくわえは少ないし、おそらくずっと独身なので何かあった時の為の資産等は必要です。そのために、っていうのも変な話ですがもうちょっとだけ、頑張ってみようと思います。



人気ブログランキングへ
プロフィール

サッチー

Author:サッチー
いよいよアラフォーの突入の女。

好きなこと・・・
旅に出ること。
美味しいコーヒーを飲むこと。
お気に入りの音楽を聴くこと。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。