スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつと妬み心と。

嫉妬心が人一倍強い私は、些細な出来事で他人や過去と比較しては、気分が撃沈しています。

例えば昨日はこんな出来事がありました。
(当の本人がこのブログを読んでいるんだろうか・・・?もしバレてたらヤバいかも??)
今度の日曜日にとある演奏会があって、そのチケットを送ってくれました。その際に別の演奏会のチケットも併せて送ってくれました。この送り主は一年の間に何度もいろんな演奏会に出演しています。主はアマチュア奏者なのですが、腕はあるのでこの界隈では実力派と認めれているから、いろいろと出演の依頼があるのでしょう。

その一方で私は、というと。唯一演奏できる場として、自分が大学時代に入っていた楽団のOB団体があります。しかし年数が経つにつれて、後輩達も続々と入団してきました。だから最近は出演できる枠も狭まってきました。しかも私はここ数年、ずっとうつ状態。ここ何年かの間に演奏会近くで出演を断念したことが数回ありました。本番前に激うつ状態に入ってしまうと、本番どころではなくなってしまうからです。それって周りからしたらすごい迷惑なこと。

さらに演奏活動がまともにできていないせいで、腕はどんどん落ちていく一方。後輩達は現役時代から演奏活動を継続した状態にあるので、それほど腕は落ちてはいません。私のような年長者ではあるけど、たいした能力のない人間は、後輩達からしたらまさに『目の上のたんこぶ』のような状態です。
だから本当であれば、ただ年長者だから強引に出演者枠に乗り入れるのではなく、そろそろ身を引かねばならないのかな、と考える時期になってきました。

そうするともう演奏できる場がありません。
よりによって(?!)私が演奏しているのが打楽器であるわけで、独奏できるような楽器(例えばバイオリンやフルート、ピアノだとか)のように、どこでも演奏できるというわけにはいきません。もちろん練習を確保するのでさえ難しいです。

ちなみに先述の主は私と同い年で、私と違ってずっと演奏活動を続けており、腕がなまることはありません。主に限らず、後輩たちもOB団体以外にもいろいろと演奏活動をしているので、私なんかより格段と上手いです。
「上手い・下手は関係ないじゃないか」と思いますが、いくらなんでもへたくそでは音楽を楽しむ気持ちも失せてきます。

そういうことから、
「私はうつ病が原因で演奏活動がまともにできなくなったのに、私の周りは(多少はいろんな障害はあるだろうけど)ずっと演奏活動をしてきて楽しんでいる。その差がすごく悔しい!」
と思うのです。
これはここ何年と怨念なぐらい思っていることです。

「だったら音楽は諦めて、別のことを始めたら?」とよく言われるのですが(これって、12月あたまぐらいのブログ記事にも書いた内容と同じだ)、やっぱり諦められません。だけど、もう演奏活動ができる場ってのがないに等しいです。

それが周りに対しての嫉妬心なのです。

この思いが大きくなってくると、うつ病になったせいで
・仕事ができなくなった(続けられなくなった)
・結婚も失敗に終わった
・子供だっていない
・結局、私は世間でいう負け組だ

という気持ちが、必ず!膨らんでしまい、落ち込みへとつながっていきます。

自分は自分!と強く思えばいいのですが、このくだりになると、本当にダメです。
就職したい!ということは第一なのですが、同じくらい、演奏活動をやりたい!という気持ちも並行してあります。
そんな二つを同時に願うなんて、神様も叶えてくれないです・・・よね。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

1年半の封印を破る

昨日・今日はオーケストラの演奏会に出演しました。

オーケストラの舞台は1年半前にうつ病最盛期の時に出演するのを
辞退して以来です。

私はパニック障害(広場恐怖・閉所恐怖)を患っています。
なので、逃げられない?演奏会の舞台上なんてムリムリ!でした。

ですが、好きな音楽。
最近はN響アワーを見ては、「自分も演奏したい」という思いが強く
なってきました。

そんな折での、今日の本番を迎えることができ、しかも頓服さえ飲めば
乗り越えられるという、結果を出す事ができて、とてもとてもうれしかった
です。

仕事も始めたばかりなので、まだ本格的な音楽活動はできませんが、
少しずつ余裕ができたら、演奏会にも出ていきたいと思います。

071202_124326.jpg


※前回のブログのコメントは後ほどアップします・・・

ポチっとお願いします!↓
ranking

今日のネタはうつから離れてみました。

最近ちょっと復活気味な私ですが、このブログの中でもちょこちょこ
頻出する言葉、『オーケストラ』があります。

今日はそのオーケストラの練習がありました。
来週が本番なのですが、この楽団には今期から入団したばかりなので
運営の部分で随分戸惑うこともありました。

まぁ、それはさておき私と音楽の話です。
ちなみに私は打楽器奏者です。
打楽器といえば、誰でもバチを持って太鼓を叩けば演奏できるもの、
ととかく思われがちですが・・・
(いかん、芸人の『デッカチャン』のネタが想像できてしまう・・・)

音楽の中で「ここぞ!」と盛り上げたり、印象づけたりするのに打楽器
は用いられます。
だから誰でも叩ける、ではなくその一音に芸術性が問われます。

私は大学のオーケストラから打楽器を本格的に取り組みだして、かれこれ
10年ちょっと過ぎていますが、未だに「しくじった・・・」と思う
演奏は多々あります。

そんな打楽器、結構心臓が強くなければできないものです。
よくそんな楽器を選んだものだ・・・と自分でも腑に落ちないことも
ありますが、やはり今更、やれバイオリンだ、フルートだといっても
大人の事始には遅いような気がします。
(オケで演奏するレベルに達するには・・・)


さて今回の演奏会で叩く(演奏する)曲目はラフマニノフの交響曲2番
です。とてもメロディックな部分とアクティブな部分を持ち合わせた
いい曲だと私は思っています。
しかしながら、結構譜面づらは難しく、曲としても全楽章を通すと
1時間少しかかることもあり、体力・精神力の持続が必要です。

打楽器的には結構魅せ場が多く、決まればカッコいいのですが、私自身
に関して言えば、今回の『病気(うつ病)』のために途中やる気が
どうにも出ずに練習に行けない時期もあり、まだ消化しきれていない
というのが本音の部分です。

でも今日、本番1週間前にしての出来栄えは散々たるものでしたが、
自分が演奏していて、脳内にアドレナリンが放出されているというのか、
熱いキモチが高まってきました。
それは私の「パニック障害の発作が起きたらどうしよう・・・」という
不安が消え去るぐらい強いものでした。

是非本番も熱くなって「やったぞ!」と言えるような名演奏?になれば
なぁと思います。

今週1週間、楽器こそ触れることはできませんが基礎練習を地道に
やろうと思います。


ポチっとお願いします!↓
ranking

theme : クラシック
genre : 音楽

プロフィール

サッチー

Author:サッチー
いよいよアラフォーの突入の女。

好きなこと・・・
旅に出ること。
美味しいコーヒーを飲むこと。
お気に入りの音楽を聴くこと。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。