スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハケンの厳しさ。

うつっぽさはありながらも、毎日会社には行っています。
でも派遣先で働く正社員の方々と派遣社員との様々な格差に苦しめられる毎日です。

何が・・・って。

まず。子供が2人や3人いて当たり前のように働く女子社員。しかも彼女たちは家庭の都合を最優先にして、さっさと帰社することが当たり前になっている。なのに、ふつーにお給料もボーナスももらっている。
まぁ、こういうことを言うと、子育てしている世の中から大パッシングをされてしまうが、私はただいまアラフォーで私が就職した頃(約15年前)は結婚退職もしくは出産退職が当たり前でした。私の女性先輩で私と同じように設計職をやっていた方は2回目の産休を取ろうとしたら突然解雇されました。一人目の産後勤務中に自宅勤務がかなり問題になったようで。
でも今の職場で働いている女性社員と同じ世代なんですよね。なんだかな、って思ってしまいます。
(ちなみ今はその会社も女性の社会進出を応援!なんてHPにデカデカと書いてある・・・)
まぁ、そういう方々は自分がクビにならないと思っているのか、仕事中も無駄話ばっかりしているし、自分の主張ばかりしている感じが見受けられます。

また、私の派遣先は建設会社です。私は昔、女性ながら現場監督をしていました。それはもう過酷で、朝から晩まで暑い日も寒い日も現場に出て、夜は事務作業や施工図作成、他にも突貫工事があるとその立会いに行ったりして、不眠不休のような生活を送っていました。さすがに生理は止まってヤバい状態になってきたので、2年でその業務からは離れました。でも今の若い子(とまた、ここで一括りにしてはいけませんが)はささいなことですぐに挫折したと口にする。段取りよく仕事がこなせないくせに、残業が多すぎるとごねる。うつ経験者の私が言える身分ではないですが、「根性ないなー」と思ってしまいます。

自分が派遣社員で、言ってみれば派遣先で首の皮ひとつでつながれているような生活を送っているから、物事にもすごくシビアになるし、そこで働く正社員にもある意味敵意を持ってしまう部分も多いにあります。

私が見ていて、惰性で働き続けている正社員より、常に危機感を感じつつもしっかり自分の責務をこなし、次回の契約更新をしてもらえるよう努力をしている派遣社員の方がよほど会社に対しての貢献度が高いと感じます。
だけど派遣社員というのは実に残酷な身分で、まさに雇用の調整弁です。
私の周りでも突然契約が切れた人もいました。
明日は我が身です。
そして私も同僚正社員に脅されています(過去のブログ記事参照)

年金制度もどんどん変化をしており、受給が75歳からになるとも言われています。
そうすると私も60歳定年では困るわけで、まだまだ働き続けなければなりません。
この先派遣で働き続けられるのかは非常に不安定すぎます。

毎度毎度ブログの最後に書いてしまうのですが、やはり常日頃から向上心を忘れずに行動することが大切だと感じていますし、そのように行動していきたいと考えています。
もちろん、心身の健康が最重要ですが。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

サッチー

Author:サッチー
いよいよアラフォーの突入の女。

好きなこと・・・
旅に出ること。
美味しいコーヒーを飲むこと。
お気に入りの音楽を聴くこと。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。